食後酒はデザート感覚で飲む

食後酒はデザート感覚で飲む

食前酒も食後酒も、あまり日本では馴染みがないものです。
なぜなら、日本人は体質的に、アルコールが強くありません。

 

そのため、食事中だけお酒を飲めば十分と思っている人も多いでしょう。
実際、日本のお酒は料理に合う味のお酒が多いと言われています。

 

ですが、アルコールが強く、食事中にお酒を飲んだだけでは物足りないという人もいるでしょう。
そんな人にお勧めしたい食後酒は、甘い味のお酒か、アルコール度数の高いお酒となります。

 

これは、食前酒が甘くないお酒、アルコール度数が低いお酒が選ばれるのと、全く真逆の選び方です。
なぜ、甘いお酒や、アルコール度数の高いお酒が、食後酒に選ばれるのかというと、満腹感を抑え、消化を促す働きがあるからです。
確かに、食後に強いお酒を飲むと、胃が熱くなり、食べ過ぎた時の胃もたれがスッキリする感じがします。

 

では、甘いお酒やアルコール度数が高いお酒とは、どのようなお酒があるか紹介します。
食後酒としてよく飲まれているお酒は、ポートワインや、デザートワイン、フルーツブランデーがお勧めです。
食後のデザート感覚で、食後酒を飲むと考えると、納得しやすいのではないでしょうか?

 

女性であれば、食後のデザートと食後酒と一緒にして、バニラアイスにお酒をかけるのもお勧めです。
バニラアイスが、一気に大人の贅沢なデザートに早変わりします。

 

実は日本酒にも、アイスクリームに、かける専用のお酒が販売していると知っていますか?
商品名もそのまま「アイスクリームにかけるお酒」です。
ちなみに、このお酒、アイスクリーム以外にも、プリンやチーズケーキにかけて食べても、美味しいと評判です。