居酒屋にあるウィスキーについて

居酒屋にあるウィスキーについて

ウィスキーは近年人気が高まっており、
日本国内だけでなく海外のフランスなどでも日本のウィスキーに人気が集まっています。
日本国内では居酒屋でもウィスキーに人気が出てきており、
ビールや焼酎のように定番になりつつあります。

 

このウィスキーとは、蒸留酒の一つとなっており、
大麦・ライ麦・トウモロコシなどの穀物を麦芽酵素で糖化して発酵させています。
1300年代にイタリアの貿易都市から留学した学生や修道士たちによってヨーロッパ各地に広がりました。
その後の15世紀初めにはアクアビティ製法が各地に広まり、
ブドウだけでなく、果物、大麦、小麦、ライ麦などの材料によって製造されるようになりました。

 

こうしたウィスキーに合う料理は甘い物と塩辛い物があり、塩辛い物の代表はチーズが挙げられます。
普通のチーズでも合いますが、燻製されたチーズのほうがウィスキーの美味しさを引き出してくれます。
また、辛口のウィスキーには塩気が強いジャーキーや生ハムが良く、
強いニオイが苦手という人でも美味しく食べたり飲んだりすることができます。

 

甘い物に合うのはチョコレートで、
特に辛口のウィスキーはチョコレートの甘さが強調されて美味しく食べることができます。
また、甘口のウィスキーにはビターなチョコレートが良く、
チョコレートの苦みや甘み、それに麦の香りが口の中に広がります。
このようなウィスキーを居酒屋で飲むときは、ストレートで飲む方が美味しく飲むことができますが、
ウィスキー初心者は慣れるまで水や炭酸水で割ると良いでしょう。