ワインに合う料理やマリア―ジュとは?

ワインに合う料理やマリア―ジュとは?

ワインが好きな人は居酒屋に行って飲むことがありますが、ワインのことを詳しく知っているでしょうか?
詳しく知ることで役立つこともありますので、これから説明するワインについて覚えておいてください。
 

 

ワインは主にブドウの果汁を発酵させた果実酒でブドウ酒と呼ばれることもあり、
単にワインと呼ぶときは他の果実を主原料として含みません。
また、ワインは製法によって赤ワインと白ワインに分けられており、
赤ワインはブドウを皮ごと絞ったもので渋みがあり、白ワインは皮を別にして果汁だけを絞ったものです。
長期の発酵によって味わいが深くなります。

 

そしてワインと料理の良い組み合わせを「マリア―ジュ」と言い、
フランス語で結婚を意味しますが、
相性が良いものを組み合わせて両方の良さを引き出す用語として使われています。
ワインと料理のマリア―ジュのために知っておきたいことが3つあり、
味わいで合わせること、産地で合わせること、品格で合わせることです。

 

味わいで合わせることはマリア―ジュで最も基本となり、
あっさりしている料理にはあっさりしたワインを組み合わせ、
コクがある料理にはコクがあるワインを組み合わせます。

 

一般的に白ワインには魚料理を組み合わせ、
赤ワインには肉料理を組み合わせますが、重要なのは調味料やソースだと覚えておきましょう。
ワインと料理のバランスも重要となり、
高級食材を使った料理には高級ワインを組み合わせると良いですし、
カジュアルなワインなら簡単なおつまみを組み合わせても十分に合います。