居酒屋で飲む日本酒について

居酒屋で飲む日本酒について

居酒屋に行くと色々なお酒がありますので、どんなお酒を飲もうか迷ってしまう人もいるでしょう。
そんな迷っている人は日本酒を飲んでみるのも良いでしょう。
日本酒のことについて知ってから飲むと美味しく感じるかもしれませんので、
これから説明することを覚えておくと良いでしょう。

 

日本酒には米や麹、水が主な原料となっており、アルコール分が22度未満という定義があります。
また、米を使用することと「こす」ことが前提条件となっています。
飲み方は、温かい季節には常温で飲んだり冷やして飲んだりできますが、
寒い季節には加熱して「燗」で飲むことが多いです。
季節に合わせるだけではなく、体調や気分、環境に合わせて飲み方を選ぶこともできます。

 

そして居酒屋においてある日本酒には純米酒や吟醸酒、本醸造や熟成酒などがあり、それぞれに合った料理があります。
純米酒との組み合わせが良い料理は、実際に炊いたお米に合う料理が良く、
肉料理や魚の煮つけ料理、煮物料理や油炒めなどの、しっかりした味付けの料理です。
吟醸酒との組み合わせが良い料理は、淡泊な素材を活かした料理が良いので、肉などの油が濃い料理には合いません。
合う料理は、白身魚の刺身、カルパッチョ、魚の塩焼きなどで、大吟醸にはフルーツも合います。

 

本醸造との組み合わせが良い料理は、シンプルで軽い料理が良く、
冷奴、塩辛、漬物、辛し和え、かまぼこ、酒蒸しなどです。
熟成酒との組み合わせが良い料理は、
普通の日本酒では考えられない料理が良く、
ウナギの蒲焼き、豚の角煮、ビーフシチュー、ミートソーススパゲッティ、焼売などがあります。