居酒屋で飲むビールについて

居酒屋で飲むビールについて

居酒屋で飲める代表的なお酒にはビールがありますが、
フルーティなビールや香ばしいビール、甘いビールや酸っぱいビールなどを置いてある居酒屋もあります。

 

このビールには3つの定義があり、
アルコール分が20度未満、麦芽・ホップ・水を原料として発酵させたもの、
麦芽・ホップ・水、及び麦その他の政令で定められている物品を原料として発酵させたものです。

 

良い飲み方は、まず泡を飲んではいけません。
泡は炭酸が抜けないように蓋をしているだけのものなので美味しくありません。
また、ビールの注ぎ足しは新鮮なビールが台無しになりますのでやめたほうが良いですし、
少しずつ飲むと炭酸が抜けて苦くなったり温くなったりするので、なるべく早く飲むと良いでしょう。

 

こうしたビールに合うものといえば枝豆ですが、いつ頃からビールと枝豆の組み合わせが良くなったのでしょうか?
ビールの製造や販売が始まったのは1872年とされており、
綿卸だった大阪の渋谷庄三郎が「渋谷ビール」を開業したのが始まりと言われています。
ですので明治初期から枝豆とビールの組み合わせが定番化されていたことになります。

 

居酒屋のメニューにあるビールとの組み合わせが良い料理は
、枝豆の他にさっぱりしたものが合うと考えられます。
なぜならビールの苦みと釣り合うからです。
また、季節によっては冷奴や刺身などの冷たい料理が合いますし、寒い季節にはお鍋や炒め物などが合うでしょう。
居酒屋に行ってビールを飲む人は色々な料理を食べてみて、自分に合った料理を見つけるのも良いでしょう。

 

萬屋 吉祥寺店で飲めるお酒はどれも美味しいですが特にビールは格別です!