二日酔いしにくいお酒の選び方とは?

二日酔いしにくいお酒の選び方とは?

お酒が大好きという方は、
居酒屋、バー、バル、と耳にしただけで気分が盛り上がってしまうのではないでしょうか。
お酒を飲みながら、気のおけない仲間とワイワイする時間は、
人生においてもとても大切な時間です。

 

さて、そんな楽しい居酒屋での時間ですが、
次の日に具合が悪くなってしまう経験をされた方、かなり多いと思います。
少し飲み過ぎたか…と、思われるでしょうが、
実は上手にお酒をチョイスしていればそれほど次の日に響きません。
では、次の日に響かないためのお酒のチョイス方法を紹介します。

 

●同じ種類のお酒に絞る!
二日酔いの定番方法として言われているのが、ちゃんぽん、というものです。
ビールを飲み、焼酎を飲み、日本酒を飲み、ウイスキーを飲み…。
想像しただけで二日酔いになりそうですが、
できれば統一した種類で通す方が無難です。

 

ワインならワインを飲み続ける、
ウイスキーならウイスキー、ビールならビールだけを飲むようにしましょう。
それぞれに使われている原材料や醸造、蒸留方法などが違うため、
別々のお酒は胃の中で上手に消化しきれない状況になってしまいます。
弱いお酒から強いお酒、となった時、いろいろ試さない方が無難ですよ。

 

●ゆっくり飲むこと
前述した同じ種類を飲むことに加え、ゆっくりと飲むとより効果的です。
一杯目を飲み、次に飲むまでにやや時間を置くと後に残りにくいので試してください。
その間に水が飲めれば、尚良いでしょう。
お酒のせいで次の日がダメになったら、大変もったいないですよね。
ぜひ、二日酔いしにくい飲み方をして、お酒を楽しみましょう。