乾杯に飲むお酒

乾杯に飲むお酒

乾杯という習慣は、世界中にあります。
日本の飲み会の場合は、乾杯はビールというイメージが強いですが、世界によって飲まれるお酒はそれぞれ異なります。
日本でも、飲み会での乾杯はビールでも、改まったパーティの席では、ワインやシャンパンで乾杯をする事も少なくありません。

 

そしてパーティの場では、やはり乾杯に飲むお酒は、1番ゴージャスなお酒が選ばれる事が多いようです。
例えば、ワインのシャンパーニュは、乾杯に飲まれるお酒の定番とも言えるでしょう。

 

「ドン ペリニヨン」や「モエ・エ・シャンドン」などのブランドが有名です。
上質なブドウと、最新の設備で作られた高品質のシャンパーニュは、上品で味わい深いワインだと言えます。

 

ただ、パーティの乾杯で、乾杯のお酒に、これだけ力を入れてしまうと、お酒が飲めない人にとっては不公平感が否めません。
同じ金額の会費を支払っている、パーティであれば尚更ですよね。
お酒にだけお金をかけて、お酒が飲めない人は、水や炭酸水ではあまりに差がありすぎます。
 

 

そこで、乾杯では、お酒が飲めない人でも、満足できる高級ノンアルコール飲料をお勧めします。
「1688グラン・ロゼ」は、世界のセレブが認めた高級ノンアルコール飲料です。
ANAのファーストクラスや国内の一流ホテルでも、提供されています。

 

名前の1688という年数がどんな意味があるのか気になりますよね。
1688年には、ある司教様が逝去された年で、彼が持っていた書物の中に「女性を永遠の幸せに導く」妙薬のレシピが記載されていました。

 

そしてそのレシピを元に完成したのが、1688グラン・ロゼなのです。
「女性を永遠の幸せに導く」なんて、まさに乾杯に相応しい飲料だと言えるでしょう。