ユニークなボトルデザインのお酒

ユニークなボトルデザインのお酒

変わり種のお酒というと、お酒の中に珍しい果実や、昆虫、爬虫類などを入れた珍酒をイメージする人も多いかもしれません。
ですがそれらのお酒は、ちょっと飲むのに勇気がいるお酒や味にクセがあるお酒も少なくありません。
そこまで冒険したくないけれど、ちょっと話のネタになるような変わり種のお酒を飲みたい。

 

そんな人にオススメしたいのが、変わった形のデザインボトルのお酒です。
お酒好きな人なら、コレクションして部屋に飾っても、面白いのではないでしょうか?
では変わった形のデザインボトルには、どのような商品があるのか、いくつか紹介していきます。

 

 

 

例えばネットで話題になったのが電球の酒「天久」です。
180mlの飲み切りサイズなので、気軽に購入する事が出来ます。
宅飲みに友達を誘って、びっくりさせましょう。

 

「アドヴォカート」は、卵のリキュールです。
卵のリキュールという時点で、すでに珍しいですが、もっと珍しいのはそのボトルの形が目玉焼きのデザインになっている事です。
卵のリキュールがあるという事を知らなくても、体で名を表す事に成功しています。

 

他にも体が名を表しているのが「クリスタルヘッド」です。
透明なドクロのボトルに、ウォッカが入っています。
なぜドクロなのかというと、このウォッカはアルコール度数が40度だからです。
ドクロが危険を表しているという訳です。

 

甘いチョコレートが苦手な相手に、バレンタインでチョコレートを渡すのは、躊躇してしまいますよね。
そんな時には、「ハート形のローズリキュール」を渡してみてはいかがでしょうか?
実際に、毎年バレンタインの直前に、売り上げが急増するお酒です。