飲むのに抵抗がある珍酒

飲むのに抵抗がある珍酒

お酒には本当に、いろんな種類のお酒が存在し、中には度肝を抜くような珍酒も存在しています。
ではどのような珍酒があるのか、いくつか紹介していきます。

 

例えば、お酒に爬虫類や虫を入れる行為は、世界中で行われています。
ちなみに日本でも、日本酒にまむしやハブを入れたお酒が販売されています。
実はヘビ類のお酒は、見た目は非常にインパクトが強いですが、健康効果が高くなると知っていますか?

 

ヘビ類を入れる事で、血行の流れが良くなり、冷え性が改善したり、美肌や美容効果があったりします。
また虚弱体質や胃腸虚弱の改善にも効果があり、漢方薬に近い扱いだと言えるでしょう。

 

昆虫を入れる理由も、やはり健康効果で、昆虫は地球環境に適応する能力が高く特殊能力を秘めています。
なので、蟻酒はお酒に無数の蟻が浮いていて、見た目はグロテスクなお酒です。
ですが中国では生薬という扱いになり、血液をサラサラにして、血糖値を下げる効果があると言われています。

 

 

 

また本当に効果があるのか微妙ですが、昔から存在しているのが強精酒と呼ばれるお酒です。
これは、鹿やオットセイ、オオカミの生殖器をお酒に入れたものです。
生殖器という事で引く人も多いかもしれませんが、哺乳類動物の生殖器には精力剤の効果があると言われています。
そのためある意味天然のバイアグラの方がより安全性が高いのかもしれません。

 

さらに度肝を抜く珍酒と言えば、「人糞酒」です。
その名前から何が入っているかは、一目瞭然ですが、なかなか飲む勇気が出ないお酒です。
ですが韓国では現在も販売されているお酒です。
打撲や腰痛、骨の治療に効果がある薬として飲用されてきたようですが、医学的に本当に効果があるのか未知数です。