居酒屋にあるお酒

居酒屋にあるお酒記事一覧

居酒屋で飲むことが多い方の中には、「いつも、カクテルを注文している」という方もいると思います。特に、お酒が強くない方、苦手な方にとっては、カクテルであれば飲みやすいものが多いですから、カクテルを好んで注文している方も多いでしょう。そんな方は、お店にある様々なメニューは試していますか。カクテルといっても、様々な種類がありますから、試してみるとより好みのお酒が見つかるかもしれませんよ。では、居酒屋の定...
居酒屋で飲める代表的なお酒にはビールがありますが、フルーティなビールや香ばしいビール、甘いビールや酸っぱいビールなどを置いてある居酒屋もあります。このビールには3つの定義があり、アルコール分が20度未満、麦芽・ホップ・水を原料として発酵させたもの、麦芽・ホップ・水、及び麦その他の政令で定められている物品を原料として発酵させたものです。良い飲み方は、まず泡を飲んではいけません。泡は炭酸が抜けないよう...
居酒屋に行くと色々なお酒がありますので、どんなお酒を飲もうか迷ってしまう人もいるでしょう。そんな迷っている人は日本酒を飲んでみるのも良いでしょう。日本酒のことについて知ってから飲むと美味しく感じるかもしれませんので、これから説明することを覚えておくと良いでしょう。日本酒には米や麹、水が主な原料となっており、アルコール分が22度未満という定義があります。また、米を使用することと「こす」ことが前提条件...
ウィスキーは近年人気が高まっており、日本国内だけでなく海外のフランスなどでも日本のウィスキーに人気が集まっています。日本国内では居酒屋でもウィスキーに人気が出てきており、ビールや焼酎のように定番になりつつあります。このウィスキーとは、蒸留酒の一つとなっており、大麦・ライ麦・トウモロコシなどの穀物を麦芽酵素で糖化して発酵させています。1300年代にイタリアの貿易都市から留学した学生や修道士たちによっ...
食前酒とは、言葉通り食事の前に飲むお酒の事です。食前酒を飲む事で、食欲を増進させる効果があったり、パーティ等の出席者をリラックスさせ、場が盛り上がりやすくなったりします。18世紀にイタリアで、食前酒を飲む文化が始まったと言われています。食前酒は、これから食事をするため、量は少量ですが、欧米では、アルコール度数の高いお酒を飲むのが一般的です。対して日本では、食前酒を飲む文化は、あまり浸透していません...
乾杯という習慣は、世界中にあります。日本の飲み会の場合は、乾杯はビールというイメージが強いですが、世界によって飲まれるお酒はそれぞれ異なります。日本でも、飲み会での乾杯はビールでも、改まったパーティの席では、ワインやシャンパンで乾杯をする事も少なくありません。そしてパーティの場では、やはり乾杯に飲むお酒は、1番ゴージャスなお酒が選ばれる事が多いようです。例えば、ワインのシャンパーニュは、乾杯に飲ま...
日本のビールは、メーカーごとにいろいろな商品を販売しています。しかし、日本の大手メーカーのビールは、ほとんどラガービールです。なぜかというと、ラガービールの製法が、一定の品質でビールを大量生産するのに、最適だからです。そのため、各ビールメーカーによって、趣向を凝らしていると言ったところで、それほど味に大差がないと言えます。よほどのビール好きではないと、メーカーごとの味の違いを見分ける事は出来ないで...
お祝いの席では、シャンパンを飲む、そんな経験をした事がある人は多いでしょう。では、なぜシャンパンがお祝いの席で飲まれるようになったのか、紹介していきます。まずシャンパンとは何かというと、フランスのシャンパーニュ地方で製造されているスパーリングワインの固有名詞です。シャンパンは、17世紀に修道士ドン・ペリニヨンによって、発泡性のワインが発明されたのが始まりと言われています。そしてお祝いの席で飲まれる...