ラガービールとエールビールの違い

ラガービールとエールビールの違い

日本のビールは、メーカーごとにいろいろな商品を販売しています。
しかし、日本の大手メーカーのビールは、ほとんどラガービールです。
なぜかというと、ラガービールの製法が、一定の品質でビールを大量生産するのに、最適だからです。

 

そのため、各ビールメーカーによって、趣向を凝らしていると言ったところで、それほど味に大差がないと言えます。
よほどのビール好きではないと、メーカーごとの味の違いを見分ける事は出来ないでしょう。

 

ですが、ビールの製法には、ラガービールの他に、エールビールと、自然発酵ビールという製法もあります。
これらの製法のビールは、製造方法がラガービールとは、全く異なるので、当然完成したビールの味も大きく変わってきます。

 

現在自然発酵のビールは、ベルギーの一部の地域でしか製造されていない、希少性の高いビールです。
しかしながら、エールビールであれば、日本でもクラフトビールと呼ばれる、各地域の小規模なビールメーカーで製造されています。

 

では、そんなラガービールとエールビールの味の違いを紹介します。
まずラガービールは、スッキリした味わいのビールで、キンキンに冷やして飲むビールです。
ラガービールがぬるくなってしまうと、美味しくないですよね。

 

対してエールビールは、非常に濃厚な味と芳醇な香りのビールです。
そのため、ビールグラスは口の広いグラスで飲むと、よりビールを香りを堪能する事が出来るでしょう。
そして、エールビールは、冷たく冷やしても美味しいですが、ぬるくなっても美味しさが損なわれる事はありません。

 

先ほど大手メーカーのビールは、ラガービールだと紹介しましたが、実は一部のビールはエールビールです。
そしてその一部とは、プレミアムな商品のビールです。
ちょっと他の商品よりも、高いけれど、美味しい、そんな特別感のあるビールは実はエールビールなのです。